うつ病をセロトアルファで治す

セロトアルファはうつ病にも効果ある?

 

うつ病の薬を飲まずに自分で治したいと考えている人も多いですが、うつ病を治すのにセロトアルファはどうなのかを調べてみました。

 

うつ病の薬は、副作用や依存の心配があるので、できれば飲みたくないという人は多いようですが、ではうつ病の薬を飲まなくても、セロトアルファでうつ病を治すことはできるのでしょうか。

 

 

うつ病には、セロトニンという脳の神経を活性化させてくれる成分が重要だといわれています。セロトニンを活性化するには、トリプトファンやギャバといった成分が有効だということで、多くのセロトニンサプリメントではこのような成分が含まれています。

 

このような成分は、睡眠系のサプリメントにもよく使われているので知っている人も多いと思います。

 

セロトアルファもセロトニンサプリなので、うつ病の症状改善には効果が期待できるサプリメントです。

 

セントジョーンズワートは相互採用が心配

 

また、メンタル系のサプリメントで、特にうつ症状の改善に効果があるといわれているのがセントジョーンズワートというハーブです。

 

セントジョーンズワートは欧米ではうつ病の薬として使われているくらいなので、うつ病のサプリメントというとセントジョーンズワートを挙げる人も多いようです。

 

セントジョーンズワートのサプリメントは、一時期メンタル系の症状改善に効果があるということで注目されましたが、厚生労働省から他の薬との相互作用を注意するように発表があってから、セントジョーンズワートの副作用を心配する人も増えてきました。

 

 

そこで、セントジョーンズワート以外に、うつ病の症状を改善する効果がある成分が何かに注目が移ったのですが、新たに注目されたのがセロトアルファの主成分でもある大麦発酵酵素です。

 

大麦発酵酵素はセロトニンをはじめ、ドーパミンやノルアドレナリンを活性化するという研究報告があり、そこでうつ病の症状改善に期待されるということで、この大麦発酵酵素の効果を利用したセロトアルファが注目されるようになりました。

 

 

もちろんセントジョーンズワートは危険なわけではなく、相互作用に注意してくださいということなので、正しい飲み方をすれば、うつ病にも効果が期待できるサプリメントです。

 

もしセントジョーンズワートの副作用が少しでも気になるようなら、それ以外でうつ病の症状を改善してくれる効果が期待できるセロトアルファを試してみてもいいかもしれませんね。

 

 

セロトアルファの公式サイトはコチラ

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓